豪雨時の雨漏りは要注意!雨漏り修理の前に行なう瓦屋根への処置

瓦屋根の雨漏りにいち早く気づく方法

屋根

雨漏りを未然に防ぐためには、定期的に屋根瓦の状態を調べる必要があります。しかし、屋根に登るとなると落下する危険性もあるため問題となります。屋根に登らずに、屋根の状態を調べる方法はあるのでしょうか?

豪雨と強風の日の状態を見る

年をとっているため簡単には屋根に上れません。簡単に初期の雨漏りに気づく方法はありませんか?
台風の接近などで豪雨や強風などが見られる時に、家にわずかでも雨漏りが起きていないか調べるとよいでしょう。普段雨漏りの様子は見られないにも関わらず、豪雨または強風時に限って雨漏りが起きるというのは、雨漏りの初期症状といえます。豪雨が起きている際に家の中を注意深く調べることで、屋根が劣化しているかどうかが分かります。

正しい応急処置を行なえば大丈夫

雨漏りは、放置すると家の内部や柱などの建材を腐食するので、業者が来るまでの間に雨漏りを防ぐ必要があります。ビニールシートや防水テープを活用することで、これらの問題にもきちんと対処できるでしょう。本格的な雨漏り修理を行なう前に、自分の手でできることをやっておきましょう。

安全な方法

ビニールシートをかぶせる
屋根一面に大きなビニールシートで塞げば、シートによって屋根から侵入してくる雨水を防ぐことができます。雨漏りによる水は、さまざまなルートを通って侵入するため、雨水の侵入口を特定するのは難しいものです。広範囲にブルーシートをかぶせることで、雨水が家の内部に入ることを防ぐことができるでしょう。
防水テープで穴や隙間を塞ぐ
室内に落ちる雨漏りへの対策には、雨が漏れ出てくる場所を防水テープで塞ぐことが効果的です。防水テープにより家の床へ水滴が落ちることを防げるので、床や壁の腐食やカビの発生を防ぐことができるでしょう。

危険な方法

コーキングで塞ぐ
コーキング材はホームセンターなどでも簡単に購入ができる素材です。建物の隙間に使用することで、防水性や気密性を高めることができますが、素人が闇雲に行なったとしても効果が得られないことがあるのです。雨漏りが起きている箇所をコーキングで埋めたとしても、雨水が別の箇所に流れ込んでしまい、問題のなかった場所が雨漏りを起こしてしまうことがあります。特に屋根瓦にコーキング処理を施すと、空気の循環ができずに屋根下地を劣化させることに繋がるため、素人考えでの補修は避けましょう。
釘で固定する
屋根の板金が外れたことで雨漏りが発生した場合、板金を釘で打ち直すことで補修できることができます。屋根修理のプロならばこの方法でも問題はありませんが、素人が釘打ちをすると屋根を壊すリスクがあるため注意が必要です。力加減を誤り、屋根に大きな穴を空けてしまうことも考えられるので、一人で無理に直そうとするのはやめたほうがいいでしょう。
TOPボタン